光脱毛とレーザー脱毛の違い

光脱毛、レーザー脱毛、その特徴、メリット、デメリット

今話題になっている脱毛方法は、おもに光脱毛、そしてレーザー脱毛です。
光脱毛は、おもにエステサロンで、レーザー脱毛は医療クリニックなどで行われています。
医療レーザーのほうがやや刺激が強く、その分効き目が高いともいわれています。

以前は電気針、ニードル脱毛と呼ばれるものが、永久脱毛では主に行われていました。
これは毛根に針をさして電気を流して脱毛をしていくもので、時間もかかりますし、もちろん痛みも強いものでした。
いまでもこの方法で脱毛しているところも結構あります。
痛みはありますが、その分効果は高いです。

光脱毛やレーザー脱毛は、この電気針、ニードル脱毛の最大のデメリットである痛みや手間を大幅に減らしたものです。
一度の照射範囲は広いですし、時間もかからず、痛みもほぼありません。

レーザーでは、ゴムを弾かれたような痛みを感じることがありますが、それも麻酔を使ったりすれば、我慢できる程度だといいますので、そんなに心配しすぎることはありません。

慣れてくれば、ほぼ痛みがないということで、かなり光脱毛やレーザー脱毛は一般化してきています。

光脱毛やレーザー脱毛のコンセプトは一緒で、皮膚の表面に光やレーザーを当てることで、メラニン色素に反応させて、毛根にダメージを与えて毛を生えづらくさせていきます。
そのため、照射部分が黒い、色素沈着がある、日焼けしている部分にはやけどの恐れがあるので照射できません。
ただ、これ以外の条件の肌には幅広く照射できるので、脱毛効果が得られる人が多いです。

また、フラッシュやレーザーは白髪や産毛を苦手とする部分もありますが、産毛に効果があるレーザーもでてきています。
白髪の場合は、電気針脱毛にしたほうがいいでしょう。

光脱毛とレーザー脱毛の大きな違いは、その出力量の違いです。
レーザー機器は医療機関で使われているだけあって、かなり出力量が高いです。
そしてレーザーの光は一部分しか当たりませんが、光ならより広範囲に反射します。
そのため、レーザーのほうが一部分への効果が高く、光のほうが弱くなります。

そして一般的には、光脱毛のほうがレーザー脱毛よりも価格が安いです。
照射範囲も広く、脱毛の施術時間も短いのが光脱毛ですが、その分効き目はレーザー脱毛よりも弱くなります。

レーザーのほうが施術の価格が高いですが、その分効果的でもあります。
専門医がついているので、安心して施術でき、敏感肌や肌にトラブルがあっても施術できるので、より確実に脱毛ができます。

医療レーザークリニックのレーザー治療、そして脱毛サロンでのフラッシュ脱毛双方にいいところと悪いところがあります。
それぞれのメリット、デメリットをよく比較してどちらにいくか決めてください。

またサロンやクリニックによって微妙に使っている機材や方法が違います。
よく比較検討してぴったりのサロンやクリニックを見つけてみましょう。