毛周期とは?

毛周期にあわせたケアで効率良く脱毛

脱毛サロンや医療脱毛クリニックで無料のカウンセリングを受けると、まず脱毛をどのように進めていくのかを説明されます。
そのときに、ムダ毛の毛周期について説明を受ける人がほとんどです。

フラッシュやレーザーでメラニン色素を反応させ、熱を発生させることで毛根にダメージを与える、という方法で脱毛施術が進むのですが、最も毛にダメージを与えることができるのが、成長期と退行期の一部にあるムダ毛です。
毛には、成長期、退行期、休止期があり、そのなかで成長期の毛にフラッシュやレーザーを当てて脱毛効果がある時期というのは限られています。
成長期の毛の表面を剃って、光やレーザーを照射することで最大の効果を得られます。

毛の全体の3分の2ほどは、休止期に入っているのでフラッシュ光やレーザーを照射しても反応しません。
そのために毛周期にあわせて、だいたい1ヶ月半から2ヶ月くらいにかけて1度の照射で、すこしずつ休止期から成長期になっている毛をめがけて照射していくのです。

毛周期の長い毛のサイクルは3ヶ月ほどかかります。効率を考えるなら、やはり数ヶ月の間隔をあけて照射すると効率がいいでしょう。
表面に出ている毛は、3分の1ほどになります。次々と出てくる毛をタイミングよく照射していくことで、より早く、また正確に永久脱毛ができるのです。

効き目の面ではエステ脱毛のフラッシュよりも、レーザークリニックの医療レーザーのほうが強いし、早く脱毛が完了するといいます。
レーザー脱毛では、レーザー機器によって多少効き目が異なります。
もちろん照射するタイミングが多くの毛の成長期に合えば、より多くの脱毛が可能になります。

脱毛サロンでのフラッシュ脱毛はだいたい永久脱毛くらいの状態になるまで2ヶ月から3ヶ月に1回の照射で、だいたい12回、2年ほど、また医療レーザー脱毛のレーザー脱毛では、9回、1年半、くらいかかります。
部位によってはもうすこしかかりますし、顔などはもうすこし毛周期のサイクルが早く、1ヶ月半から2ヶ月に1回くらいの照射がベストだと言われています。

一番効果的な脱毛効果を得るためにも、やはり毛周期を意識した脱毛がベストです。
最初に脱毛の間隔や回数については説明があると思うので、そのすすめられた間隔を守って、サロンやクリニックに通うようにしてください。

そして、ある程度の脱毛が進んだら、今度は一般の毛周期以上の間隔があいてきます。
そうしたらムダ毛が生えてきたら施術に通うようなペースに変えていくといいでしょう。

永久脱毛保証がついているサロンやクリニックでは、毛が生えてこなくなるまで、脱毛施術が受けられます。
そのため、毛が生えてこなくなるまで心ゆくまで脱毛施術を受けましょう。

しかし、最初の2年間くらいでほとんどの毛が脱毛できますので、最初の1年から2年は毛周期にあわせて施術を受けて、一番効率のよい脱毛を目指していきましょう。