自己処理すると濃いくなるって本当?

自己処理の落とし穴、脱毛で気をつけるべきこと

これだけ脱毛サロンや医療脱毛クリニックが知られるようになっても、自宅でムダ毛を自己処理している人はけっこういます。
また、脱毛サロン等に通っていても、脱毛施術の間に毛が生えてきてしまったり、脱毛前のシェービングなど、自宅でやることはけっこうあります。

ただし、光脱毛やレーザーは、肌への刺激が少ない脱毛方法ですし、繰り返しシェーバーやカミソリ、それからワックスやクリームで刺激を与え続けるよりも、ずっと肌に優しい脱毛方法といえます。

シェーバーやカミソリで毛を剃り続けると、毛が濃くなるという話を聞いたことがありませんか?
ただ、これは毛が濃くなっているのではなく、自然の状態の毛より、剃った後の毛の面の断面層が大きく見えるので、太く濃くなったような気がするだけです。

しかし、毛抜きで毛を抜いたりすれば、埋没毛や毛穴から何本も毛が出てきたりして濃く感じることがあります。
それが自己処理では頻繁におこりやすく、毛がきれいに処理できないことがストレスにもなってしまいます。

間違った脱毛方法を続けていると、肌だけではなく、毛穴にもダメージを与え、肌の黒ずみ、毛穴のつまり、毛の埋没などトラブルが増えてきます。
くれぐれも自己処理をする際には、毛穴を傷つけることなく、また肌表面に刺激を与えすぎない方法を選んでください。

とはいえ、もし毛を抜いたり、剃ったりする方法ならば、やはり1週間か2週間に1回はお手入れをしなければならず、その度に肌を切ったり、赤くなったり、腫れてしまったりすることがあれば、やはり避けたほうがいいでしょう。

とくに敏感肌の方、それから皮膚になんらかのトラブルを抱えている、女性なら生理前後は肌が敏感になっているので脱毛のお手入れは避けたほうがいいです。
一番刺激が少ない方法、そして効率の良い脱毛方法である、フラッシュ脱毛、もしくは医療レーザーは一度試してみるべきでしょう。

自己処理の落とし穴は、やはり皮膚への強い刺激、そして毛穴を必要以上に傷つけてしまうことです。
成長期の毛を途中でカットすることで、毛がより目立ってしまたり、毛穴の中に黒いポツポツが残ったりしてあまり綺麗ではありません。

もし根元からきれいにしたい、また肌を傷めずに肌ケアもしたいというのなら、フラッシュやレーザーのほうがいいです。
毛周期にあわせて施術することで、効率よく脱毛できますし、自己処理が断然楽になりますから、日々の脱毛処理の時間も手間も節約できてとてもお得です。

ホルモンバランスが乱れたりするときは、毛が太くなったり、ムダ毛が増えるようなときがあるかもしれません。
しかしフラッシュやレーザーを使用すれば、その毛深くなった毛をまとめて施術できますので、多少毛深くなる時期も関係なく、どんどん脱毛が進んでいきます。

いまとなっては、一番安全で簡単な脱毛方法、それがフラッシュ脱毛や医療レーザー脱毛となります。